暮らしを支え、未来へ飛躍するためのインフラを整備

有明海沿岸道路・西九州自動車道の整備や九州佐賀国際空港のビル拡張、若木バイパス、女山トンネルなど、暮らしを支えるインフラネットワークの整備に尽力しました。

九州のゲートウェイ空港をめざした九州国際空港の機能強化

駐機場やターミナルビルを拡張中。滑走路の延長なども進め、さらなる路線の拡充を図ります。九州佐賀国際空港は今後も成長を続けます。

道路の整備

生活の基盤である交通インフラの整備により、建設に発生する雇用や生産を高め、インフラの充実による各地域間のアクセス性の向上および広域的な観光交流の促進、地域経済の活性化を図っています。

 

(C)yamaguchi-yoshinori.jp All Right reserved.