コロナ禍での取組み

新型コロナウィルス感染防止対策、事業者等支援に全力で取組んでいます。

新型コロナウィルスは、変異株への置き換わりが進むなど、いまだ気を緩めることができない

状況が続いています。

常に先手先手、そして状況に応じた機動的対処を大切にして取組んでいます。

ワクチン接種については、全国に先駆けて離島全住民に対する接種が実施されました。

さらに高齢者への接種と並行して、介護・障がい者施設の従事者や保育関係者への接種も

進められており、市町と連携して順調な進捗が図られています。

○医療提供体制整備(プロジェクトM、コロナ対応医療機関の設備整備支援)、

検査体制強化(衛生薬業センターの件瀬体制拡充など)、ワクチン接種体制確保

(コールセンターの設置、広報)に取組みます。

○感染拡大防止(介護・障害者福祉施設、児童福祉施設の対策物品購入支援、

子育て現場で妊婦のPCR検査支援、スクール・サポート・スタッフの増員、

特別支援学校スクールバスの大型化、複便化)に取組みます。

   

  

○事業者に必要な支援に取り組んでいます。

「佐賀型店舗休業支援金」、「宿泊事業者への支援」、「佐賀支え愛」キャンペーン、

園芸農家への支援、「さが伝統産業支援金」、「LiveS Beyond(ライブス ビヨンド)」開催等

の支援に取り組みました。

  

   

 

○2020年は、高校総体、高校野球ともに大会が中止になりました。新しい人生にチャレンジ

する高校生にエールを送りたいとの思いで、「SAGA2020 SSP杯 佐賀県高等学校スポーツ

大会」を開催いたしました。 

    

   

(C)yamaguchi-yoshinori.jp All Right reserved.