山口よしのりプロフィール

元総務省 地域再生のスペシャリスト

福富町出身の両親をもつさがんもん

福富町出身の両親をもつさがんもん

父は福富町の農家の9人兄弟の末っ子、母も福富町出身。父が航空自衛隊勤務のため埼玉の入間基地で生まれましたが、身体の中には「さがんもん」の血が脈々と流れています。

文武両道のスポーツマン

高校はラサールへ入学。学生寮寮長や生徒会副会長も務めました。学問だけではなくサッカー部でも活躍するスポーツマンとして文武両道頑張りました。

エンターテイメントも、おまかせあれ!

東大法学部に入学後は、学園祭でもリーダーシップを発揮。有名人を呼ぶステージなとを取り仕切り、イベントプロデューサーとしての才能も開花させました。

旧自治省で地方再生に尽力

旧自治省で地方再生に尽力

現総務省に入省後は、地方自治活性のため、秋田、鳥取、長崎などを歴任。各地で様々な仕掛けを施し、職員や県民から大絶賛を受けました。

育児休暇

育児休暇で機運盛り上げ

県幹部で初めて男性の育児休暇を取得。各メディアで取り上げられる。全国的な話題と機運を醸成しました。

災害現場の最前線で活躍

災害現場の最前線で活躍

内閣危機管理室や消防庁勤務時は、東海村JCOの放射能事故や有珠山の噴火などで、災害現場の最前線で指揮。命がけの活動は、山口よしのりの精神力を、より力強いものに育てました。

東京大学大学院で客員教授

東京大学大学院で客員教授として地方再生を教える

それまでの地方自治の経験とノウハウ、人脈が評価され、東京大学において「地域政策論」をテーマに教鞭をとり、学生と活発な議論を重ねました。

官民交流の地域再生のスペシャリスト

地域活性のプロとして活躍

平成25年からは官民交流の地域再生のスペシャリストとしてJTB総研地域振興ディレクター職に派遣異動。全国各地を講演、アドバイザーとして飛び回り、様々な地域振興を支えています。

プロフィール

生年月日 昭和40年7月1日(満49歳)
本籍 佐賀県杵島郡白石町大字福富3190

平成 元年3月 東京大学法学部卒
平成元年4月 自治省入省
平成元年7月 秋田県総務部地方課
平成2年7月 自治省大臣官房情報管理官付
平成4年4月 自治省行政局選挙部選挙課
平成6年04月 鳥取県観光物産課長
平成8年08月 鳥取県財政課長
平成9年9月 消防庁救急救助課課長補佐
平成10年4月 内閣官房内閣安全保障・危機管理室参事官補
平成12年04月 自治省財政局公営企業第2課兼準公営企業室課長補佐
平成13年4月 総務省自治税務局固定資産税課課長補佐
平成15年8月 総務省消防庁総務課課長補佐・理事官
平成17年4月 鳥取県商工労働部長
平成19年4月 内閣府政策統括官付跡地利用企画官
平成20年4月 内閣府沖縄振興局総務課跡地利用促進室長
平成20年7月 総務省消防庁広域応援対策官兼救急企画官
平成21年04月 長崎県総務部長
平成23年4月 総務省地域力創造グループ過疎対策室長
平成23年10月 併:東京大学教授(大学院総合文化研究科)
平成25年04月 (株)JTB総合研究所地域振興ディレクター(官民交流)
平成26年5月 併:(公財)ラグビーワールドカップ2019
組織委員会事務総長特別補佐
平成27年1月11日

佐賀県知事選挙において初当選

第58代(公選では18代)佐賀県知事に就任

 

(C)yamaguchi-yoshinori.jp All Right reserved.